病院はいらないのイラスト画像
M氏
おーちゃん10歳過ぎてから体調崩しやすくなったね・・
おーちゃん
そりゃあ、人間で言う50代も半ばに突入したわけだからねぇ~
いろいろ老化するよね
M氏
若いときからきちんと予防してあげられなくてごめんよ~
おーちゃん
過ぎてしまったことは仕方ないさ!
これからをしんどくならないように務めてくれたまえ
M氏
了解しましたっっ!!!

10歳を過ぎてからほんとにケガや病気が多くなったし
治りにくくなったなと、すごく感じます。

ケガや病気で病院に行くことは幼い頃だけで、
それ以外はワクチン接種にたまに行く程度でした。人が好きすぎて、
待合室に人がたくさん待っているような病院は興奮しすぎてしまう。

治しに行ったはずがおーちゃんが疲れ切ってしまうので私としては
あまり連れて行きたくなく、だんだん行かなくなりましたね。

それをきっかけに自宅でできる対処法をたくさん試したので、
今回はおーちゃんにしているホームケアの中から
下痢・皮膚炎・包皮炎の3つをまとめてみました。

ホームケアをやろうと思ったのは、
私が基本的に病院とか薬の安全性などを信じていないので
自分でやろうとはじめたことです。

みんながみんなすべて同じ結果になるとは限りませんので、
少しでも不安のある方はやめといた方がいいと思いますよ。
試してみる方は、わんちゃんの様子を
よく観察しながら無理はしないようにお願いします。

犬の下痢・軟便

おーちゃんは過敏性腸炎で、よく下痢をします。
12歳になって、消化の働きが弱くなってきたのか
いつもは難なく消化できていたものができなくなりました。

そんなときにはビオフェルミンを食後にあげています。
下痢は出さなきゃいけないものと止めても大丈夫なものがあるので、
わからない場合はどちらにも対応できるビオフェルミンがおすすめです。

犬の腸内フローラも整えよう!

お花のイラスト画像

ウイルス感染や解毒を促すための下痢ではなく、
腸が過敏に働いてしまっての過敏性腸炎の場合は
すりおろしリンゴなどが効果があります。

リンゴの食物繊維には整腸作用があります。
できれば皮も一緒にすりおろしたが良いですよ。よく洗ってね。

水下痢などが続くと水分を奪われてしまうのでこまめに水分補給を忘れずに!
でも、水だけではなかなか飲んでくれない時もありますよね。

実はおーちゃんもあまり水を飲みません。

スポイトとかで直接口元に少量ずつあげたりするとただの水でも飲みます。
味や香りがあると自分で勝手に飲んでくれます。
お肉の煮汁とかすごく薄めた発酵野菜ドリンク(酵素ドリンク優光泉)とかをあげています。

水下痢などが長く続いてしまったとき、胃腸を休めた方がいいというので
1日絶食をすすめられるときがあります。

ただ、下痢+絶食+その後の回復食で数日でかなり体重が減少してしまいます。
これを何度か繰り返してしまうと体重減少が止まらなくなります。

絶食はせずに胃腸の負担を減らすにはどうしたらいいか悩んだ結果、
消化に良くて栄養を摂取できるものと言えば生肉しか思いつきませんでした。

あげるときは骨や内臓系のものが入ってない生馬肉の赤身ミンチのみで、
一日のうちの空腹時間を長めにとる(栄養を取りながら胃腸を休める時間も作る)と
自然と体調も良くなるように感じます。

使用しているおすすめ商品:詳細確認は画像をクリック

皮膚炎

膿皮症のようなものがポツポツと出てくると速効ひばエタノールで退治です。
一度大変な目に遭ってからは日々皮膚の状態をチェックして
一つでも発見したら即ひばエタノール!

2、3日続けるとひどくならずに治まっていきます。
ちょっとした皮膚炎にもひどくならないうちにつけます。

ひばエタノールをつけなければ治らなくなったのも、
老化による免疫力の低下により自力で治す力が弱くなってしまっているためですね。

ひばエタノールはひば水よりも濃度が濃くてエタノールを使うので
かぶれやすいこは気をつけましょう。

作り方は、ひば油10滴+消毒用エタノール100㎖を清潔なボトルに作り
点眼容器などに移すと炎症部分に塗布しやすいです。
※前は無水エタノールで作っていましたが、無水エタノールより
消毒用エタノールの方が消毒効果が高いようなのでこちらに変えました。

ひば水はひば油3~4滴+水道水100㎖で作ります。
これも清潔なボトルに入れて保管してください。
水と混ざりにくいので使用前によく振って混ぜます。

ひば水もかなり万能でお散歩前に全身にスプレーしてあげると虫除けになりますよ。
おーちゃんはブラッシングに使います。

ひば油の効能

抗菌効果・リラックス効果・防虫効果・消臭、脱臭効果
青森ひばから抽出できるヒノキチオールは、
低濃度でもこれらの効果があると言われています。

使用しているおすすめ商品 :詳細確認は画像をクリック

包皮炎

包皮炎の対処法を知らないときは家のそこら中に
黄色いカペカペ汚れがついてしまい、泣いたものです。
いまはきちんと対処すれば軽度の症状の包皮炎はすぐに治まります。

洗うことです。それだけ?と思う人もいるかもしれません。

でもこの洗浄を自分でできないと思っている人もいるのではないでしょうか。
病院に行かなくてもただの水で自分でできますよ!

用意するのは人肌程度に温めた水道水(冷たいとびっくりしちゃうよ)、
点眼容器(チワワのような超小型犬にはちょうどいい)

チワワなどの小さいこだとひっくり返してやる方が楽かな。
おーちゃんはひっくり返します。

包み込まれるぐらいもこもこふわふわな場所でひっくり返すと安定するので
おーちゃんも身を任せてくれます。

そうした後、点眼容器に入れたぬるま湯を包皮内にチューっと注入。
こぼれない程度入れたら出てこないようにしながら優しくクチュクチュして
中の水を出します。

おーちゃんはいつも中の水の色が透明になるまで3回ぐらい繰り返します。
膿の量が多くひどい場合は、最後に消毒でまわり拭き取って終わりです。

水道水で洗浄する理由としては、消毒しすぎないためです。
包皮炎は常在菌のバランスが崩れて起こるものなので、

そのバランスを整えるには水道水ぐらいがちょうどいいみたいです。
ひどすぎる場合のみ最後にちょっとだけ消毒という程度でいいでしょう。

この洗浄方法で、軽いものだと1、2日で治まってきます。
ひどいともう少しかかるかも。
ただ、洗いすぎは別の問題が出てきてしまうこともあるので気をつけてください。
何事も適度に様子を見ながらが大事ですよ。

以上、日常的に起こりうる病気のホームケア方法でした。
少しでも皆様のお役に立てればうれしいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事