サムネイル画像

おいしいものは好きですか?私はおいしいものを食べると幸せな気分になれます。
だから、わんちゃんにもおいしいものをたくさん食べさせてあげたいですよね。

あなたの愛犬に好き嫌いはありますか?
あると答えたなら、あなたの愛犬は贅沢美食犬かもしれません。

贅沢美食犬とは、普段からたくさんおやつを与えられ、濃い味付けのおやつやフードにまみれた食生活ゆえに選り好みできる環境を整えられてしまった哀れなわんちゃんのことを指します。

「与えるだけ与えてスキキライしたら、ダメな子みたいに言わないでよ~」
「そうだよね、選択肢や味をたくさん覚えればそれだけ好みもたくさん出てきちゃうよね」

人も犬も食べたものからできています。わんちゃんに食べてもらうものにも十分に気を付けなければ後々健康に害が出るかもしれませんよ。

でも、何を与えたらいいかわからないという人は多いと思います。だからこそ、総合栄養食といわれる加工フードや間食用におやつなどを与えてしまったりしてしまうものですよね。

加工フードのすべてが大悪党だとは言いませんが。人間が食べているものも含めて、原材料が見えない加工された食品は、結局のところ何が入っていて、どうなってこうなったのかはさっぱりわからないものです。

いまは人も犬も健康志向になりつつあって、そういった無添加系のフードやおやつもたくさん見かけるようになりました。ただ、まだまだ必要以上の塩分や油や添加物が入っている加工フードはたくさん見かけます。というか、一般的に手の取りやすい位置にはこういった商品ばかりが並んでいるのが現状です。

そんなわけわからん加工フードは悪だ!!と、叫びたい気持ちでいっぱいですが、やっぱり安価で手軽でとなると需要があるのも事実なんですよね。悲しいけど。

だって私も知らなかったですもん、加工フードの怖さを。愛犬が超肥満と病気になるまでは。

今現在も添加物のわんさか入った加工フードがこの世にはびこっているわけは、その恐ろしさに気づいていない飼い主さんがまだまだたくさんいるからですよね。

そりゃあ、獣医さんに自分の病院で扱っている加工フードを進められたり、総合栄養食だから良いと言われたら、ほかにどんなものを与えたらいいかわからないし、獣医さんが言うなら間違いないと思うじゃないですか!

獣医さんもビジネスですからね。中には、本当に信頼できる獣医さんもたくさんいると思いますよ。

でもやっぱりビジネスなんです。人の世界も犬の世界も食品業界の闇は深い。飼い主初心者さんやペット産業に洗脳されてしまっている飼い主さんはまだまだ加工フードを信じ切っているのが現状。

食いつきを良くするためにあれやこれやがいろいろ添加されている加工フードやおやつは、立派な贅沢美食犬を育ててしまう一つの要因です。

そして、あれやこれやがいろいろ添加された加工フードやおやつは食べ続けると様々な影響を大切な愛犬に引き起こすことになってしまいます。

あなたは愛犬に与えているフードやおやつを一緒に食べることはできますか?わたしはできます。なぜなら、原材料がきちんとわかっているから。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事